腎臓病に合った食事|栄養を摂ってカラダ元気

料理

疾患と治療法

医者

腎臓は、血液をろ過し老廃物を体外へ排出する役割を担う重要な器官です。この機能が壊れると、腎臓病になってしまい、透析を受けなくてはならなくなります。腎臓病患者の食事は、たんぱく質と塩分を控え、なるべく腎臓に負担をかけないようにすることが重要となります。

読んでみよう

1人で悩まず相談を

タンパク質や塩分を控えた腎臓病に適した食事は宅配サービスを使うと便利ですよ。お手軽に栄養満点の食事をとることができます。

知っておこう自分の体

近年、生活習慣の不規則化や食生活の乱れから、現代人の多くが生活習慣病の危険にさらされていると言われています。三大生活習慣病と言われている、高血圧症、高脂血症、糖尿病のうち特に気を付けたいのが糖尿病です。サイレントキラーとも言われる糖尿病は、自覚症状に乏しく長期間放置しておくと様々な合併症を引き起こします。代表的な合併症のひとつが糖尿病性腎臓病です。腎臓病とは、腎臓の不全状態をいい、体内の老廃物を適切に処理できなくなった症状を指します。体内に老廃物が蓄積されると最悪の場合、命を落とすことにもなるため大変危険な病気と言えます。老廃物の原因は新陳代謝や食事による外部摂取によるものであり、どのような事に気を付けたら良いでしょうか。

気軽に健康管理

腎臓病の診断を受けた場合、真っ先にやらなければならないことは医師時の指示に基づく生活習慣の改善です。すなわち、食事制限が行われるわけですが、制限と言っても独断で実行するのは禁忌です。きちんと栄養士の指導の下、ただしい知識で食事を摂らなければ他の病気になりかねません。腎臓病は、老廃物が排泄しにくい状態ですが、この場合、腎臓に負担のかかりやすい食品は接収を控えたほうが望ましいとされています。また、ナトリウムなどを多く含む食事は腎臓に負担をかけるだけなく、高血圧症も誘発するため適度な栄養摂取を心がけねばなりません。腎臓病が重度化した場合、水分が制限される場合もあり、適切な栄養素を可能な限り健康的にとることが必要となります。

腎臓に関わる病気と対応

看護師

腎臓病は、腎臓機能が失われ血液中の必要、不必要なものの分類が正しくされなくなってしまう病気です。腎臓病はたんぱく質や脂質、塩分などを控えた食事をすることが必要なので、家族の協力のもと、決められた量を守った食事をすることが求められます。

読んでみよう

腎臓とたんぱく質

悩み

腎臓病になると腎臓が正常に働かなくなるので、排泄されるべき老廃物が体内に留まってしまい、身体に悪影響をもたらします。そのため、適切な食事を食べることで予防・改善することが大切です。たんぱく質が含まれる食物は過剰摂取に注意しましょう。

読んでみよう

Copyright©2015 腎臓病に合った食事|栄養を摂ってカラダ元気 All Rights Reserved.